市販の治療医薬は水虫に効く?

水虫の治療の際に効果的と言われている市販の治療薬があります。
オロナイン軟膏やケラチナミンクリーム、フルコートなどが水虫の治療に関してよく耳にする薬でしょう。

オロナイン軟膏はあかぎれやしもやけ、切り傷やニキビに効くとして知られている市販薬です。
オロナイン軟膏にはクロルヘキシジングルコン酸塩液という、殺菌作用のある有効成分が含まれています。
この成分によって白癬菌を殺菌し、水虫を治す事が可能です。
様々な皮膚の症状に対応しているという事もあり、オロナイン軟膏は一家に一つ常備したいと言われています。
また、オロナイン軟膏はこれらの効能以外にも水虫に効くという点も特徴です。
ただ、感染が広がってしまった場合や、かかとに白癬菌が感染している場合、オロナインをはじめとする市販薬だけで完治させる事は難しいようです。

ケラチナミンは手指やかかと、くるぶしなどの皮膚が硬くなる角化症に効果があり、乾燥によるひびわれやあかぎれを緩和する目的で用いられるクリームです。
水虫の中には、皮膚が硬く、厚くなるタイプの症状があるので、ケラチナミンのようなクリームを使って肌の状態を改善しようと考える人がいるかもしれません。
しかし、残念ながらこの薬は水虫を治療するために作られたものではありません。
水虫に感染した時は、原因となる白癬菌を死滅させる治療を行う必要があります。
どれほど効果の高いクリームであっても、通常の角化症と違って原因を治療しなければ改善は見込めません。
白癬菌に対する治療を行いながら、肌の乾燥による痒みを和らげるためにケラチナミンを使用できる場合があります。
肌に直接塗布する外用薬を使用している場合、医師に併用してもいいのか相談すればより安心です。
また、治療後に肌が荒れている場合はケラチナミンで皮膚を保護し、状態を整えてあげる事で状態が良くなります。

市販薬フルコートも同様に水虫を治療するためのものではなく、湿疹や皮膚炎といった、症状を緩和する軟膏剤です。
抗生物質フラジオマイシン硫酸塩が含まれているので、化膿の悪化をフルコートで防げるかもしれません。
しかし、フルコートは、水虫に効く薬ではないので、完治させる事はできないでしょう。

水虫にかかってしまった場合、市販の治療薬に頼ることは悪いことではありません。
しかし、正しく水虫に効く治療薬を選び用法、用量を守って使用することが大切です。